オンラインイベントのグラレコ:LINE Fukuoka株式会社さまSmartCityTV 防災について

USANET(ウサネット)の、さの はるかです。
情報を整理して、分かりやすく「見える化」して伝えることが得意です♫
グラレコ、手描き動画・広告etc…グラフィックの力で”想い”や”魅力”を届けます。
USANET さの はるか
USANET さの はるか
LINE Fukuoka株式会社さまよりご依頼いただき、オンラインイベントでグラフィックレコーディングを描かせていただきました。
 
イベントはライブ配信のため、私もいち視聴者として視聴しながら描き、配信終了後にLINE Smart City 公式Twitterでの発信にご活用いただきました。
 
 

SmartCityTV みんなでつくる、まちの防災

イベントの詳細はこちら⬇️
 

プログラム1:自分と大切な人を守る。家庭でできる、日常からの備え

防災アナウンサー 奥村奈津美さんが、災害前・災害時・災害後のアクションについてお話されました。

 
 
実際にハザードマップを見てみるところは、自分ごとに置き換えやすくて私もハッとしました。
なんとなく見ていたけど、こうして見ればいいのか…と知るきっかけにもなりました。
 

プログラム2:HKT48と考える!まちの安心の課題と未来

HKT48 田島芽瑠さん、渕上舞さんが防災クイズに回答しならがら、災害前・災害時・災害後のアクションについてお話されました。

 
正常性バイアスについては、聞き慣れない言葉ではないでしょうか?私も防災士の友人に教えてもらって、初めて知った言葉です。
 
まずはみんな正常性バイアスがあることを意識しよう、と言うことで、知っているだけでも行動が変わってくるかなと思います💡
 
防災クイズは、楽しくできるし記憶に残りやすくてとってもいいですね!ブレーカーを再びあげるときのコンセントを外すこと、覚えました!
まずはブレーカーの位置も確認ですね。
 

プログラム3:自助・互助・協働でつくる災害に強いまち

KBC九州朝日放送アナウンサー 長岡大雅さんが災害前・災害時・災害後のアクションについてお話されました。

 
災害前が8割!と言うことで、お話の内容も災害前のことが8割でしたね。
熱い長岡アナウンサーの熱のこもったお話に、私はすっかりファンになりました!
 
大雨についての知識も勉強になりました。
 

視聴者とつくる防災アクション10

視聴者の方からの防災アクション:災害後は「自治体からの情報を受け取ろう」で防災アクション10が揃いました!

Bosai Action 10がたくさんの方に届きますように…!
USANET さの はるか
USANET さの はるか
今すぐできることは「災害前」の3アクションですね
  • 自分の暮らす地域のハザードマップを見てみよう
  • 想定外を想像して防災グッズを買っておこう
  • 防災ヲタクになろう 準備は楽しく!

当日の配信はLINE Smart CityのTwitterアカウントから視聴できますので、見逃した方は是非視聴してみてくださいね。

気軽に楽しく、防災だからと言って構えずに、身近に感じられる番組です😄

この記事を書いた人

USANET さの はるか

グラフィックレコーダー、イラストレーター
徳島でフリーランスのテレワーカーしてます。趣味も仕事もボーダーレス。制作することが大好きです!

詳しいプロフィールはこちら

USANETのLINE公式アカウントを友だちに追加